シェアしてね

御朱印 建仁寺 摩利支天堂

シェアしてね

建仁寺 摩利支天堂

開運と勝利の神 摩利支天

摩利支天(まりしてん, 梵: Marīcī, 訳:陽炎、威光)は、仏教の守護神である天部の一柱。日天の眷属である。
原語のMarīcīは、太陽や月の光線を意味する。摩利支天は陽炎を神格化したものである。
陽炎は実体がないので捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない。隠形の身で、常に日天の前に疾行し、自在の通力を有すとされる。これらの特性から、日本では武士の間に摩利支天信仰があった。

陽炎の神様ってかっこいいですよね。
真言はオン マリシエイ ソワカです。
勝負事の前に。
絶対に負けられない戦いの前に。
唱えてみてはいかがでしょう。

臨済宗建仁寺塔頭「禅居庵」摩利支天堂

入口
建仁寺塔頭 禅居庵 摩利支天堂

御朱印

建仁寺塔頭 禅居庵 摩利支天堂 御朱印

場所とか

建仁寺塔頭 禅居庵 摩利支天堂
京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146

おまけ

お昼を食べたうどん屋さんが美味しかったです

讃式 (清水五条/うどん)★★★☆☆3.57 ■予算(夜): ~¥999

讃式 (SANSHIKI)
京都府京都市東山区五条橋東2丁目9−4

肉うどんとかやくご飯を食べました。

とおる

Clash of Clans(クラクラ)で「とおる帝国」のリーダーしてます。
とおるクラブネタさがしの管理人です。
とおるアンテナってアンテナサイトも運営してます。

mastodon始めました。

0
スポンサーリンク

シェアしてね

フォローする

ランキング参加中ご協力お願いします
にほんブログ村 美容ブログへ

スポンサーリンク

ツールバーへスキップ